板橋区議会議員 坂本あずまお あずまお日記

区内消火器の分布図 町会・防火貯水槽・人口密度と重ねて

2014 年 6 月 3 日 火曜日

板橋区、オープンデータの使い方として、10分コースで以下示してみます。

 

地図の縮尺が上手く表示されない場合は、画像をクリックしてみて下さい。

 

区内消火器の分布図:町丁目別人口密度を重ねる。

比較的人口密度とは重なるが、高島平2丁目のUR賃貸住宅と西台4丁目大規模マンションには数が少ない。

マンションの自主設置による消火器で対応??
消火器‐人口密度

 

 

 

 

 

 

 

続いて、町会別の消火器分布図。

四葉と高島平に、消火器設置のない町会がある。

これ、データの間違い?と思ったが、元データを確認したら間違いではない様子。

消火器‐町会

 

 

最後に、防火貯水槽の分布図とも合わせてみる。

防火貯水槽は消火器よりもまんべんなく分布しているのが分かる。

こう見ると、弥生町と仲町に随分と消火器が集中している。

木造密集地域の大谷口よりも?若木よりも?

とにかく、足りているところよりも、足りていないところへ効率よく配置できているかを見いだす必要あり。
消火器‐防火貯水槽

 

 

今後の調査方針としては、1)木造密集地域の分布図と重ねること、2)細街路と重なること、などが必要か。

 

なお、今回示した地図の元データは板橋区所有であり今後『どこなびいたばし』にて公開されていくとのこと。
いわゆる完全なオープンデータの状態ではなく、かつ帰属は板橋区にあるため、今回の地図はCC BYにしませんので、必要な方はご一報ください。