板橋区議会議員 坂本あずまお あずまお日記

地域のカルテ〜成増3丁目・成増4丁目〜

2019 年 2 月 25 日 月曜日

 

丁目ごとに、地域の特徴は驚くほどに異なります。

特徴ごとに、政治への求めも大きく変わります。

地域を歩き、傾聴し、分析をした調査結果から未来の発展をソウゾウしよう!というのが、この【地域カルテ】です。

 

IMG_9701

 

  • 【成増3丁目、成増4丁目】編

 

このエリアの特徴

歴史:旧石器時代の遺跡も出土し、古くから多くの人々が暮らしていました。また地域に残る地名や屋号などからも、中世の華やかな文化を読み解くことができます。

 

人口構成:子ども・働き世代・お年寄りと、各世代がバランスよく増加している区内有数の居住エリア。インフラ、商業施設を充実させて単身の若者が「恋し結婚し親に」なっても住み続けてもらえるか、がポイント。

 

1)一聴の価値あり!成増の歴史物語

数千年前から集落があり、奈良時代には大陸伝来の生糸産業で大きな賑わい。すずむき(暗渠の川)、ずうこう(北口商店街)など昔の地名の呼称も残り、今は無き「瑞光寺」があったという逸話も。

 

2)成増ヶ丘小学校・赤塚第二中学校

子どもが増加し続け、成増ヶ丘小学校の教室は不足がち。このままではパンクする可能性も。小中連携・一貫校化で、教室対策と区内最高の学力・教育をめざします。赤に中の体育館も冷房化へ。

 

3)教育日本一へ!

教育施設が多く密集。日本で最高峰の公立校をめざして、成増小学校は世界へ羽ばたくとき。ただしそれが【成増小だけ】【教育だけ】となってはダメ。医療・商業など多分野を含むライフスタイルも向上して、初めて自由が丘や吉祥寺に追いつけるのでは。