板橋区議会議員 坂本あずまお あずまお日記

時節柄 スポーツの話を

2008 年 8 月 25 日 月曜日
特に夏休みには老若男女たくさんの運動をする&観戦をする機会がある
かくいう私も 草野球(外野守備程度)、社交ダンス(ステップだけ)、バスケットボール(観ただけ)が続き シップを貼っていたりする
オリンピック選手輩出のような目標も一つのスポーツ事業だろうけど 地域で老壮青の三世代が一緒に体を動かす
それがスポーツ振興の本質と思う
写真のバスケットチームのように地元のいろんな世代が集まると、中学生が会場整備の手伝いをして小中連携の核となり、大の大人が勝ち負けに本気になって汗流し、青年は都大会で優勝する
心技体がそろう、こんなチームが大好きだ
崇高な理念の達成
東京オリンピック招致は「日本人が心技体を整え、世界にその道を発信する」という心意気を以てこそ成し得る
と思う