板橋区議会議員 坂本あずまお あずまお日記

地域課題2 都営成増アパート(成増団地)の跡地活用。多目的スポーツグラウンドの整備を!

2015 年 4 月 24 日 金曜日

都営成増アパート、通称成増団地。ここは現在建て替えがすすみ5月に向けて引っ越し作業が続いています。

そして、これまでの団地建物の用地、約2.8haが跡地活用されることになっています。

IMG_7792

 

その土地の一部、今は更地になっているエリアには来年に民設民営の保育園、再来年に児童館と世代を超えた交流が可能な区施設が完成する予定です。

 

ですが、残りの約2ha分はまだ活用方針が決まっていません。

この場所に何が出来るのか。これが今後の成増団地だけでなく周辺の地域経済と人の流れを決定する、大変に重要な問題なのですが、近隣の方々の間でこの問題について正式に話し合われたことは一度もありません。

このままでは、東京都の意向で地域に何の必要もない施設が出来上がってしまうことが考えられます。

 

私はここに、スポーツグラウンドを整備したいと考えます。

なぜか。

それは、ここにはすでに野球やローラースケートなどのスポーツが根付いています。また、周辺ではいま荒川河川敷で行われているサッカーと野球が、雨が降るたびに競技出来ない状態となってしまっています。しかもそのグラウンドを板橋区のチームだけでなく、新宿区や都心区からもわざわざグラウンドがないためにやってきて奪い合っている状況があります。

東京全体の利益をみても、この場所に大規模スポーツグラウンドができることで、成増周辺の子供や大人のスポーツに触れる機会が格段に増えるだけでなく、あちこちから成増に人がやってくることになります。

これは、地域にとっても大変に有用です。そうすれば成増団地前にはもっとバスが通り、タクシー停車場が再びでき、団地=高齢化ではなく、団地=新しい地域の賑わいの象徴とさせることができるからです。

 

地域の活性化のために全力で働きます。