板橋区議会議員 坂本あずまお あずまお日記

板橋区での浸水被害は、4年前の防災マップによる被害想定で予見されてはいましたが。。

2015 年 9 月 15 日 火曜日

4年前に予見されていた浸水被害。
防災マップ作成者として、苦しく悩んでいます。

banbousan3
先週の豪雨で床上浸水があった箇所は、地図で言うと右下の赤い暗渠の線上、板橋区坂下一丁目。
青年会議所(JC)と大東大生と地域住民と共に、区に先駆けて作成した集中豪雨の浸水被害予想マップ(板橋区防災マップ参加プロジェクト)には、今回の浸水箇所も記されていました。
「防災マップの真の活用は地域住民が主体となっていかないといけない!」として、5年前にe防災マップ全国優秀賞を獲得したこの取り組みを敢えて継続しませんでした。それが地域住民にとってよかったのか、私には分からないし、被害が抑えられたのかどうかも、分からない。
ただ、予見されていた被害が予想通りに出てしまったこと、それを少しも改善でき得なかったこと。これは事実で、そしてそれを止めるのが本来の私の区議会議員としての責務で。

議会と区役所の誰よりも板橋区の治水に関して調査をし、詳しい自信もありました。ただ、それが単なる知見に留まっていたことは、研究者でなく議員としての責務を全うしていなかったのでは、という申し訳なさと悔しさに、苛まれています。

 

takashima_hight

 

今回の被害は、6年前に成増3丁目で浸水した原因と同じく、下水(雨水排水)管の目詰まり。暗渠を活用した下水管の下流部で起こる事例、と推測。東京都下水道局さん、早く配管データをオープン化してくださいませ。

 

写真は、国土地理院数値地図の5mメッシュ(標高)のDEMファイルを加工したもの。青色ほど標高が低く、河川からの越水が走る可能性があるという図。