板橋区議会議員 坂本あずまお あずまお日記

日記 6月9日〜6月22日

2017 年 7 月 11 日 火曜日

 

6月9日(金)

午前中は手をつなぐ親の会の総会に幹事長として出席。

 

午後は社会福祉協議会の会長、役所の部課長と相談。福祉のICT化について。

福祉の現場、民生児童委員の方々が日常行う作業の中でタブレットを利用して作業効率を良くし、負担を軽減できないかとの案件が地元の民生員の方から常々相談をいただいており、何度目かの話し合いを持った。

佐賀県では数年前から実証実験が行われており、民生児童委員の負担増が問題となっている板橋区でも活用できないかを探っていた。

http://www1.saga-s.co.jp/news/saga.0.2609293.article.html

https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2014/01/15_00.html

https://japan.zdnet.com/article/35063217/2/

結論から言うと、佐賀県の実証実験も費用面で壁にぶつかっており板橋区ですぐに取り掛かるのはハードルが高い、となった。

実際に、個人情報の塊である民生委員さんの取り扱いデータはwebサーバでアクセスするのか、それともタブレットにダウンロードしておいてオフラインで扱うのか。訪問先でのwifiは?なければ端末の通信費用は?そもそも本当に喫緊で必要なのか?

一つ一つの壁をクリアしてくだけの、資金的&組織的バックグラウンドがまだ見つからない。

地元でご提案いただいた協力者の方とともに、今後も探っていく。

 

6月11日

板橋区志村消防団消防操法大会。

IMG_6484

私はホース撤収係で参加。ものすごく暑い日だった。我が志村第10分団は不運が重なり練習通りの結果が今年は出せなかった。私自身数年前に操法大会に出てダントツビリの1番員を務めたので、なにも言えないのですが、とにかく選手の皆さんお疲れさまでした。

 

 

 

 

 

 

6月14日(木)

幹事長会。議会運営委員会理事会そして委員会。

議会基本条例の見直し規定、議会報告会、本会議並びに予決算のインターネット中継のあり方など、大きな案件が続いた。

 

6月15日(金)

地域包括ケアについての特別委員会。

特別委員会とは、常任委員会の所管を超えて、議会で総合的に議論すべき特別なテーマを取り扱う委員会であり、役所の部課長からの報告事項にとやかく指摘や持論を展開する場ではない。知見に溢れる議員各位が議員間討論などで活発に意見を交わし、具体的な提言を2年かけて取りまとめるもの。

その基本的な特別委員会のあり方自体がここ数年崩れていると感じているので、その点も踏まえて今回のこの特別委員会の今年1年間の進行について発言した。

 

6月17日(日)

板橋区選出の東京都議会議員候補予定者による公開討論会。

IMG_6568

板橋区は東京青年会議所(JC)が主催でなく、地域の活動団体、板橋フォーラムさんが長年にわたり開催されている。

私は関係者なので会場の端でひっそりと各候補予定者からの話を聞いていたが、一般の有権者の皆さんにはどのように映ったのだろうか。

明らかに、政策の質、話の内容、個人的魅力、これらを勘案してこの5名。となるものだと当時は思っていたが、現実にはそうはならなかった。ぜひ、当選者に対しての公開討論会を再度開催していただけたらと思う。

 

 

 

6月18日(日)

成増にある大型マンションの総合防災訓練に消防団として参加、お手伝い。

これだけ地元成増の住宅を一軒一軒まわったことがあっても、大型マンション1棟の住民の方の多さははるかにそれを圧倒する。すごい。なんという人数。

そしてその皆さんが毎年しっかりと日曜の午後に集まって防災訓練を行うことに意識の高さもまた強く感じる。

 

6月21日(水)

第二回定例会の最終本会議。

DSC_4082私の連絡調整漏れで、先輩議員を怒らす。まぁ、私が悪い。謙虚に、惻隠の情を胸に秘め。

そしてこの日は、私の議員勤続10年表彰があった。あっという間だったね!という周りの声も聞かれたが、私にとっては、とてもとても重く長い10年。

たくさんの経験をさせていただき、まったく至らぬ仕事の具合で地域に貢献できたが定かでなく、ただ今季の残りあと2年、今年の幹事長職1年、しっかりと勤めなければと職歴の重さを改めて感じる。

 

 

6月22日(木)

私立幼稚園協会の父母研修会で、教育家、松居和先生の講演を成増アクトホールでうかがう。IMG_6684

以前にも講演を聞いたことはあったのだが、あらためて子供が出来た身で聞くと、受ける感銘もまた格段の違い。

議員をやっていていつも迷う『教育』とは?の問いに、少し迷いが晴れたような気がする。