板橋区議会議員 坂本あずまお あずまお日記

7月4日5日 熊本県八代市・熊本市視察

2017 年 11 月 15 日 水曜日

7月4日〜5日

区民環境委員会の常任委員会視察で、九州熊本県の八代市と熊本市へ。

台風が直撃ということもあり、飛行機・新幹線ともにダイヤが大混乱でなんとか九州へ上陸。しかし災害対応の避難所開設などの作業もあり、担当者が全員不在。

IMG_7042

受入先の八代市さんへはご迷惑をかけないよう市庁舎にて予定とは別の内容で質疑をした。

八代市といえば、数年前に大ブームを起こした自治体による地域SNSのはしり。当時一人で担当者の元へ視察に来たこともあり、思い入れもあった。

現在の状況を伺うと、その担当者は役所を辞めて独立されたそう。さもありなん。地域SNS自体もいまや独自のプラットフォームよりも、メジャーどころ(facebook、twitterなど)をいかに活用するかがメインとなっており、SNSと自治体間の圧倒的なスピード感(というよりテンポ)の違いが取り扱いの難しさにつながっていると思う。

加えて、八代市の花火大会は地域に大きな経済的効果ばかりでなく文化面で支える効果がある。とのこと、翻って私が常に申している「いたばし花火大会」の抜本的見直しを改めて追求しなければと感じる。地方の自治体と都心とで行う花火大会は規模や来場者傾向だけでなく、運営と目的、その他がまったく違うのだと。

 

熊本城

熊本市では、地震によって被害を受けた熊本城を市役所から見学し、被害の大きさと歴史の深さを実感した。

数百年前に構築した石垣、土塀、櫓。それらと共に現在の南九州の経済と文化の一翼を担う熊本市。表現される姿は、くまモン。

くまもん