板橋区議会議員 坂本あずまお あずまお日記

政治を志したきっかけ その2〜英国編

2019 年 1 月 29 日 火曜日

ここまで生かしてくれた命の恩をふるさとへお返しする。

区議会議員の坂本あずまおです。

28歳で立候補し議員となってから12年。あらためて今、私がどうして政治を志したのか、今後の道はどうあるのか。その1トルコ編の続き、英国編です。

 

英国と政治学

国家、民族とは、そして国土とは何なのか。トルコで感じていた疑問は、日本やトルコにいただけでは解決できませんでした。

このままでいいのか。そんな思いが爆発し、英国へ政治を学ぶために飛びました。そのとき22歳、同級生は就職を迎えていて思うところ多々ありましたが、私はマンチェスターへ移ります。

三者三様の『社会』

地に着いたはじめの一ヶ月間の感触は、トルコの時と同様に忘れられません。
ここでは『社会』に質量、を感じたのです。生まれて初めての感触でした。
それは、ふとしたところにあります。
行政サービスは見つけ出すものでなく、聞けばすぐわかる。滞在証明や入学申請など、留学生のようなマイノリティに対してもごく当たり前のように仕組みが整っている。人々の振る舞い、マナー、人懐っこいトルコ人と全く違う、素っ気なさ。それらが、「綺麗に制度設計された社会デザイン」として質量を持ち色づいています。

「生きようとしなければ、ここでは生きていけないよ」そんな4年間の状況とは違いました(トルコも悪いとこばかりじゃありませんが)。確かに日本も同じような社会制度ですが、トルコと英国と日本の3者を比較して初めて分かることが往々にしてありました。

ひと、社会、歴史、文化、風俗、食べ物、心、考え方。水や湿気や空の色までも。

民族とは、国家とは、国土とは、このような小さな一つ一つの細胞の集合体としての現れであって、政治もまたこの彩りを理解しながら治世しなければならない。

そんな思いで、英国で政治学を学びます。

この四年間には、9・11がありました。アルカイーダなどのたくさんの国際テロばかりでなく、英国内の社会の頽廃、も土地柄よく目にしましたし、怖い思いもしてきました。第1次産業革命で世界の中心だった街の、100年後の姿も。

そして、26歳。将来結婚する女性ともこの地で出会い、ふるさと日本へ帰国しました。