板橋区議会議員 坂本あずまお あずまお日記

2007 年 9 月 のアーカイブ

英気を養う

2007 年 9 月 26 日 水曜日
明日からは本会議が始まる
今回の一般質問者は他の議員だからしっかりと考えを聞き勉強したい
区に必要なすべてを活かす
だが
こう生きているとそれなりに何やらとあったりする
そんな時はやはり一人インドカレー
原点に戻る
初心に返る
なんてのは案外こういう事かも知れない

子どもたち

2007 年 9 月 23 日 日曜日
都内初である地方裁量型の認定こども園
難しい言葉だが つまりは保育園にも幼稚園にも入れない待機児童をなくすための新しい施設
どの家庭にもそれぞれ違う生活のかたちがある
だから臨機応変に対応でき 受け入れ間口を広めないといけない
こどもの数が減っても愛情と熱意は増すばかりだ
貴重な意見や話を伺うこともできたので活かしていきたい

明日の総裁選

2007 年 9 月 22 日 土曜日

Mr.ビーンに似ていますが麻生太郎幹事長です

見学会

2007 年 9 月 22 日 土曜日
あずまお政策研究会の主催で現在建設中の首都高新宿線大橋ジャンクションを見学する
とにかく巨大な建造物だ
詳細は後日レポートします

国会議事堂

2007 年 9 月 20 日 木曜日
ただ今国会見学中
休会中なのでひっそりとしています

平和とはなんだろう

2007 年 9 月 18 日 火曜日
一国の総理総裁が大きく決断をする
暑すぎた夏を過ぎて身近な人達が遠くへ逝く
平和とはなんだろう
戦争や暴力が無くても人の世は移ろいゆくし、戦地の子にも笑顔がある
私がここまで生きてきた人生
振り返ってどんな道だったのだろうと、敬老の日の昨日思う
どんな道なんだろう
なにか出来たのか
なにが出来るのか

いろんな可能性

2007 年 9 月 12 日 水曜日
今日のネットニュースであった記事
ドイツのボームテという町で、交通安全対策として町の中心部からすべての信号と標識をなくすという
Shared Space(共有空間)という概念の採用ですでにEU各国等では導入もされているらしい
すべての動体(人や車や自転車)が同じ条件下で一つの共有スペースに存在するのが安全を生む
画期的なアイディアですぐさま検討すべきと思い書いていた
だが、
これって政治上では無政府のアナーキー状態が平安をもたらすというのに似てるし、完全な自由状態にしたらカオスだろう
違うか?
私はアナーキー論は反対だ
一定の条件下における、というその”条件”とやらを精査しないと
ヒントは権力論の中からか?いや、街なかからだろか

自然と水と暮らすこと

2007 年 9 月 11 日 火曜日

先日の台風と荒川の大増水の危機は大きな被害なくなんとか去ったが 今日も午後に都内へ大雨洪水警報が出る

荒川河川敷の教習所が営業出来る程度だったのでよかったが 治水対策はとにかく費用と時間がかかるし 規模も大きく国策として取り組んで戴くしかない
私たちの出来るのは細かい路地まで足を運んで危険察知と防災に取り組み続けることだけだ