板橋区議会議員 坂本あずまお あずまお日記

2008 年 3 月 のアーカイブ

緑のカーテン

2008 年 3 月 30 日 日曜日
第1回全国緑のカーテンフォーラム
何百人集まったのだろう、椅子をどんどん追加しても足りないぽどの盛況さだった
那覇市主催で板橋のNPO団体緑のカーテン応援団が共催のこの会には、那覇市長、館林市副市長、川崎市環境局長、そして板橋区から議長はじめ自民党の区議団14名が出席
また全国で初めて小学校にて取り組んだ板橋区の教諭や、その他数々の地域での現場事例報告が続いた
始まりは第1回ということもあって皆さん緊張気味で手探り状態だったが、だんだんとお互いの地球環境に対する熱い思いに触発され、参加した各自治体とも 今こそ政策と教育現場が地域力によって一体になるべきだとの認識で一致した
私たちもこの流れにしっかり乗って、今年の夏は巨大なゴーヤのカーテンを家々に作ろう
種や苗を知り合いや友達に広めよう
そしていつか 1人1カーテンの街になる日が来るよう、環境意識の高さを広めたい
と、堅く決意した

那覇市視察1

2008 年 3 月 29 日 土曜日
昨日は那覇市において 屋上壁面緑化対策の勉強
本日開かれる第1回全国緑のカーテンフォーラムにむけて那覇市長との面会と市による緑化助成の具合を伺った
設置の初期投資がかなりかかる屋上緑化で、プランターにまで助成をしている
市庁舎のベランダにもブーゲンビリアを植栽しているし地域性が出ていて興味深い
「開通したモノレールに乗って街を見回したら屋根上が殺風景だった」からすぐに屋上緑化推進を始めたという市長
けどやはりどこも同じ様な問題を抱えてる
耐重量、水やり、事業周知、台風
屋根はソーラー、壁面は緑化 という私なりの理想には、なかなか道が険しい

福岡市視察2建築要項

2008 年 3 月 27 日 木曜日
浅学なのだが CASBEE制度というのがあるそうだ
大規模建築物に対する環境対策等の評価制度
ISO140001取得社に対するインセンティブのあり方を区から聞いていたし私もそれには積極的に賛成だったので、目的と手法にはとても近いものを感じた
この福岡市の制度がそのまま板橋にあうかどうかは研究するとして、ほんと現地に「来て見て聞いて」しないと分からないものだなと思う
写真は福岡市庁舎
この面の2階から14階が緑のカーテンになる
右側にちょっと見えるのはアクロス福岡という巨大なイベントホール
階段状の北向き屋根面はおもいっきり植栽されて山みたいになってる

福岡市視察1期顔カーテン

2008 年 3 月 27 日 木曜日
環境対策に関する視察で福岡に訪れている
福岡市庁舎の西壁面には夏の間ずらっと下から上まで朝顔のカーテンがかかる
私の知る限り、緑のカーテン設置による二酸化炭素削減量と消費電力双方の効果を定量的に評価した唯一の役所だ
その決意と熱意をどうしても確認しておきたかった
説明をいただいた後に早速、その決断はどうやって?と質問をしてみると、ひとこと「熱意と言われましても。役所でやりました」
設置に330万、測定に100万
うーん がんばらねば
公共施設への費用をかけない積極的な設置
民間への広め方
カーテン管理のちょっとした知恵と努力
先日の一般質問以来進めていることへ沢山のヒントを今日は得た
写真のようなタネ袋の配り方もそのひとつ

伝統って

2008 年 3 月 26 日 水曜日
袴のたたみ方
祖母から習ったのだが このやり方がお作法上正しいのかどうかはよく知らない
けど昔からこうしていたし実際に稽古袴にはこれがベストなたたみ方、というか結び方
だってそのまま洗ってもほどけないし
伝統ってのは 正装で堅苦しく でなくて普段着の中にある方が案外しぶとく生き残る
その方が破壊と創造をうまく繰り返すから

晴れの日曜日

2008 年 3 月 24 日 月曜日
金曜日で無事に予算委員会も終わり、あとは本会議場での採決を残すのみ
しばらくは来年度の始まりに向けて視察や勉強を重ねたい
マラソンの痛みもだいぶ取れてきた
けどあと半年くらいはマラソンのマの字も御容赦願いたい
朝は月一回の体道のお稽古日
甥っ子の上達っぷりに驚いた
子供はセンスがいい
校庭では桜もモクレンも満開だ
午後からは日比谷公会堂で環境問題のシンポジウム
学者でも行政でもなくロビイストからのアプローチと政策提言に 新たな道筋を感じた

ゴール

2008 年 3 月 16 日 日曜日
初めてのフルマラソン、無事完走致しました
タイムは6時間31分46秒くらい
目標は6時間切りだったので達成ならずでしたが、とにかくゴールできてよかった
ただ最後尾からスタート地点まで18分30秒かかり、7時間の制限内に間に合うのか結構ヒヤヒヤ
もう足も体もイタタなので 今夜は養生するとします
皆さん応援ありがとう お疲れさまでした

荒川市民マラソン

2008 年 3 月 16 日 日曜日
スタート時
10分たってもまだゆっくりしか進んでない
背番号順でたまたま最後尾からのスタートです

荒川河川敷

2008 年 3 月 15 日 土曜日
あと数日と迫った荒川市民マラソン
下見をかねて自転車でコースを全部走ってみた
板橋区北区足立区墨田区江戸川区
自治体によって河川敷の扱いにもなんとなく違いがある
この日は天気も良かったしすごく気持ちよかった
けど走行距離50キロは長すぎた!
足で走るのと違う筋肉使って余計フラフラです
日曜日、5時間台後半の完走目指しガンバります

オイッチニ♪

2008 年 3 月 13 日 木曜日
旧成増出張所内にあるファミリーサポートセンターと0・1・2ひろばへ顔を出した
0・1・2歳児とその親のための施設なのだが、これでオイッチニと読む
そこに赤ん坊と来ていたひとりが、小学生の頃同じ連で一緒に阿波踊りを踊っていた人で、十数年ぶりに偶然出会う
そういや練習もこの建物でしてたんだよな
もうお母さんになって息子を抱っこしているけど、全然かわってない
このセンターは民間委託をしているのだが どこにもやはりその施設なりの運営の難しさと大変さがある
担当者の訴えを聞き、何年経っても変わらずにまた出逢えるようなこんな地域の場を確固とせねば
と強く思う