板橋区議会議員 坂本あずまお あずまお日記

2008 年 4 月 のアーカイブ

一瞬の無限の連続

2008 年 4 月 29 日 火曜日
区内の家庭へ届いた新聞折り込みの区議会だより
先ほどの第一回定例会での一般質問の質疑応答も載っている
その時は最大の努力で最善の質問内容だったのに、今ではもうもの足りない
政治は動いている
現場は生きているし刻一刻と情勢は移り変わっている
この質問があったからこそ今に至る時流が興ったのだが、記録に残る発言と文章を残す難しさを知る
写真は祖父が出版している本の一部
久々に講演会へ手伝いに行ってきた
80歳を優に越えるその声と話を聞くと、やはり我も修行怠るべからず、と自戒する
今この一瞬一瞬が勝負だ

ちょうど一年

2008 年 4 月 23 日 水曜日
ちょうど去年の昨日が投票日、今日から二年目のスタートです
この一年本当にありがとうございました
まだまだ至らぬ点多々ありますががんばります
今後も宜しくお願い致します
ゴーヤの種
成増地域にもなんとか緑のカーテンを広めなければと、依頼まわりをしたり苗作りをしたりのここ一週間
至急ではないが緊急の案件多く、勉強勉強の日々
種は芽を出すか

棚田貨します制度

2008 年 4 月 15 日 火曜日
長野県千曲市にある姨捨山 田毎の月
ここでは歴史的景観を守るため、また過疎化と農家の高齢化対策として、棚田の田植えや資金を募る「棚田貸します制度」というのを展開している
昨年千葉県の鴨川市に視察へ行ったとき 鴨川市での当事業を紹介され非常に興味を持っていた
その日の日記にも写真を載せていたと思う
調べたところ、何かと縁のあるこの千曲市でも事業を行っていると知ってすぐに申し込んでいた
どうしても毎月定期的には時間が取れないので田植え実践コースでなく、スポンサーとして参加の保全コースを選択
けどそれでもちゃんと棚田の数面が確保されているし、収穫後の玄米も手に入る
区内のことではないけれど、稲に触れ歴史と伝統文化を守るその大切さを強く感じていきたい

グリーンフェスタ

2008 年 4 月 15 日 火曜日
赤塚植物園で毎年開かれている区のイベント
実は今年初めて出席した
というより家から近い植物園なのにイベントの事自体知らなかった
区の花にりんそうがひろがって水も空気も緑も武蔵野の趣
やはりこうした、「人の手が入った緑」が武蔵野の特徴であり、この心地よさに繋がっていくのだろう
もっとみんなに来て観て知って欲しい!
観光資源としてだけでなく 郷土の輝きがこんなところにあったんだ、と嬉しくなった
みんな 笑顔だ

ぐいぐい進む

2008 年 4 月 12 日 土曜日
街の開発と緑との調和共生 とかを書こうと思ったら、またたび日記を書き進めていないのを思い出した
いや 忘れてた訳ぢゃぁないんですけどね
ぇぇ まぁ
今朝みたニュース
現在のCO2増加速度はIPCCの予測した最悪プランよりもさらに悪いようだと新聞の片隅に書いてある
陽水の「傘がない」ではないけれど、歌詞の中では済まされない危機的状況だろう
私たちは 今何をすべきか、でなく、どうするか
雨に濡れたで済む話じゃない

緑 いたばし

2008 年 4 月 11 日 金曜日
キヌサヤエンドウがもうツルをのばし始めた
自宅のプランタにはエンドウ豆、ベトナム産ゴーヤ、沖縄ゴーヤが並んでる
さくらんぼの実は膨らみだして、鳥除けネットも張ったby父親
母親が植えたチューリップはよく咲いている
実生から育ててる私の橘はもう4年目で、地植えにしてだいぶ落ちついた
宮古島から姉の知り合いがゴーヤの種を送ってくれるそうだし、あっちこっちで計画進行中のこともあって、今年の夏は「涼しい緑」に熱くなりそう

オニトモ☆Ξ

2008 年 4 月 6 日 日曜日
今朝は成丘通りの月に一度の地域清掃
4月に入り校長先生も代わって中学生たちが掃除に出てきてくれるか心配だったが、新旧の校長先生を始めいつにも増してみんなが一緒に掃除をしてくれて嬉しい
写真は掃除を通して仲良くなった中学生
いつも近所のオヤジたちにどやされながらもほんとまじめに毎月参加してくれる頼もしい女の子たち
「オニトモってタイトルつけて下さいねー」と頼まれた約束ちゃんと守りましたよー
ところでオニトモってなんじゃ?鬼友?今度教えてね

続き

2008 年 4 月 5 日 土曜日
そして再アンコールでなんと、「塀の上で」
まさか生きてるうちに慶一さんの生「塀の上で」が聴けるとは思わなかった
体揺らすのも止めて、涙ウルウルただ泣くのみ
塀の上で の余韻に浸りながら お約束のライブTシャツを買い込んで家路につく
以上、あくまでも個人的な音楽趣向の報告でした
そして朝には庭にチューリップが

ヘイト船長とラヴ航海士

2008 年 4 月 5 日 土曜日
昨夜の出来事
昔からムーンライダースが大好きだ
オフィシャルサイトへメールを投稿したのも最初なら、鈴木慶一さんが返事をくれたのも、それが公開されて自分の名前がググって出てきたのも、大切な人生の一歩だ
そんな愛する慶一さんのライブに今夜初めて行ってきた
今まで日本に居なかったりでどうしてもタイミングが合わなかったからとにかく嬉しい
それだけで幸せ
憧れの人を初めて目の前にするのは不思議なほど自然で違和感がない
ただライブ始まっても、会場の客は平均年齢高いのか乗り切れてない
東京の観客は大人しいなぁ
ガンバロウヨ!みんな
酩酊陶酔しようやー
新しいアルバムからの曲が続くが はちみつぱいやライダースからの曲もちらほらと
慶一さんがこっちを向いて歌ってくれてる!ギャー!手を振ってみたりしてみた
一緒に歌詞を口ずさみながら横揺れしてたら段々とステージも盛り上がってくる
ほれいけDonDokoDon電気も生音も重ねまくれー グっ!と波がきてるのに、周りは未だじっとしてる
うーじれったいぜ
もう気にせず舞台に叫んでたらアンコールで煙草路地
そして再アンコールでなんと、「塀の上で」
まさか生きてるうちに慶…