板橋区議会議員 坂本あずまお あずまお日記

2008 年 5 月 のアーカイブ

朝に萌える

2008 年 5 月 29 日 木曜日
今定例会から常任ならびに特別委員会の配置換えになり、私は企画総務委員と公共用地等活用調査特別委員となる
税制、人事、財政、自治など発言機会も勉強分野も幅広い
けど温暖化対策、農地、緑と都市開発
いわゆる「環境」問題はこれからもライフワークにしていく
なぜなら私には2050年の板橋に責任があるから
多分まだ生きてるでしょうし

ようやく

2008 年 5 月 28 日 水曜日
街なかで形になりだしてきている
これはアクトホールに設置の緑のカーテン
目をかけてきた芽が日の目を見た
ツルは屋根にまで届くか!

育て育てて

2008 年 5 月 21 日 水曜日
一里多かった
前の日記の題
正しくは「三里四方の野菜を食べろ」
京都の言い伝えだそうだ
まぁ志村にあるのは一里塚だし、日本橋から+α 一里のヨリよい板橋ヨろしくお願いいたシます
冗談はさておき、今年はあちこちの町会単位ですごいゴーヤフィーバー
この写真は成増6町会向けに地域で育てた苗の一部
これでも育てている全体の半分以下
育ててもらっている地域の方々には本当に感謝感謝だし、役所職員の地球温暖化対策の説明に熱心に耳を傾ける皆さんの熱意からも、まだまだ希望はあると感じる
温暖化対策は本当に説明も理解も難しい
今日開かれた環境審議会でも納得いかないことだらけ
けどそれでも地球は危急存亡
立ち止まるわけにはいかない
何とかしたい
何とかしなければ

オニトモ2 その意味

2008 年 5 月 19 日 月曜日
「おにぎり大好き友達」のことらしい
ほんとかよ!
まったく思いもしなかったわ
中学校に緑のカーテン用のゴーヤを届けにいったら校門のところでオニトモ達がたむろっていた
車から苗を運ぶのを手伝ってもらい、お礼にパチリ
みんな来年は進学だしいろいろある年頃
だからとにかくいっぱい遊べ と言った
沢山の世界を見て感じて、多感なうちに多くの未知に触れてほしい
脳みそアイドリング状態な今こそとことん遊んで勉強してゴーヤ育てる
おにぎりも食ったりと 忙しいわい

「四里四方の飯を食え」

2008 年 5 月 15 日 木曜日
都市農政。問題点はすでに明らかだ
農業従事者と後継者の問題
食の安全と安心
法律と税制
これらに対する施策として
1、地方=生産地、都市=消費地という国交省の従来の認識と政策を改めて、地産地消、流通のローカル循環化を支援する
2、生産緑地法と農地法、固定資産税と相続税の改正
3、加えて農業専従者を株式会社にも開放、と思っていたら今朝の新聞にその方向で進むとか進めたいだとかの記事が出た
だが件のフォーラムにて
立川市長や三鷹市長や写真の浜美枝さんなどの熱演説にも関わらず、農水省の担当者は壇上で
「農政は現状のまま変えない。むしろ都市農業の病巣は農家自身の不熱心さにある」
と言い放ち、練馬区長が座長宣言を読み上げている最中には大あくびをする
そして会場来賓席には空席が目立つ
食料自給率39%の国の姿をここに見た
ならば私たちはやることをやるだけだ

日経のエネルギーフォーラム

2008 年 5 月 15 日 木曜日
先日は日経ホールでの地球温暖化と原子力発電に関するシンポジウムを聞く
火力にかわり原子力発電中心による安定供給がエネルギー問題解決への道筋だとの提示
確かにそれが糸口なのは事実だろう
だが原子力礼賛ばかりで、プルサーマル技術開発の現実的可能性やウラン埋蔵残量、電力のベストミックス割合理由等、リスク面とトータルの見地からの温暖化対策が語られない
まるで自治体と市民レベルでの自然エネルギーへの取り組みが「微量及び不安定故必要無し」と暗にほのめかしているようだ
いや実際そう考えてるのだろう
これのどこが電力のベストミックスなんだ?と思った
発電業界間で各分野の取り組み努力が阻害し合うことのないようにして頂きたい
んなことしてる時間の余裕はないというほど危機感有り

問題認識と方向性の共有

2008 年 5 月 15 日 木曜日
今日は午後からとある勉強会へ出席
鴨下環境大臣による講演だった
温暖化対策に関する概説と国の中長期ビジョン及びプランの説明
温暖化に対する理解もビジョンもプランもまさに大臣の見解と日々考えていたことが同じで、区政での方向性が間違っていなかったと確認する
質疑応答の中で「大臣と同じ問題認識ではいるが、基礎自治体に環境政策の壁は高くなかなか体力資金力的に厳しい。多少強引にでも我々に具体策を投げてきてほしい」
とお願いした
答えは「いやいや区側からこそ投げかけをしてきて下さいな」ということだったが、他にも意識的な部分でとても実りの多い会だった
これをベースに諸々まとめていきたい
お腹空いたので夜はカレー屋
たらふく食べたー

5月8日はゴーヤの日

2008 年 5 月 10 日 土曜日
だったらしい
地域に苗を配る日が決まってきたが 肝心の芽がなかなか全部は出ない
今日から寒くなるみたいだし急いで対策をしないと
今日は雨の中 都市農政シンポジウム、フェアトレードの会、バスケの大会と区内外をまわる

見た目の利益だけさじゃない

2008 年 5 月 8 日 木曜日
写真の説明
神社の境内から参道を撮った
参道は本来どの神社にも必ずあって然るべきなのだが開発等の影響で区内にはもう数ヶ所残っているのみ
参道が真っ直ぐなのは 「まっすぐわき目をふらずに生きよ」という意味からだそうだ
だが見ての通り そのほとんどは横道(往々にして区道)で流れを断ち切られてる
しかもこの場所なんて真ん中にマンホールとガタガタの舗装が入っている
せめて ここは参道の続く一部なり と視覚的に判るような表面舗装の配慮を強く強く望む

城春草木深

2008 年 5 月 8 日 木曜日
連休中に読もうと積んでおいた本数冊は結局読み切らずに残る
だが季節の模様替えだけは出来、休みのあまりなかった「ゴールデンウイーク」の面目も少しは保たれたか
暖かさが続いて畑もプランターも随分と賑やか
ただ春の夜の夢の如くも 咲けばいずれは実がなる花よ と感じる
国は破れずとも山河ありやなきや