板橋区議会議員 坂本あずまお あずまお日記

2008 年 10 月 のアーカイブ

全国都市問題会議

2008 年 10 月 27 日 月曜日

日本中の議員、議長、市区長や関係者が集まり都市問題について勉強する二日間
今年はじめて出席した

二日間ずーっと座り続けて話を聞くのは集中力も体力も必要だけど、ここまで続けて政策を考える機会はなかなかない
学識経験者の論拠や理論にあらためて新鮮さを感じ、視点の切り替えの重要性を再認識した

しんどかったけど貴重な経験だった

とおーくーで走る私と姪っ子

2008 年 10 月 20 日 月曜日

近くの保育園の運動会に顔を出したら 友達親子や知り合い親子や姉親子が観覧中
いろいろと挨拶してしゃべっていたら 何故だか私と姪の二人組で徒競走に参加することに

よく状況の飲み込めていない姪はきょとんとしながら「なんで走るの~?ママどこ~」と 手を引かれつつゴール
ほとんど歩いてたかも

思わぬかたちの運動会でした

阿波踊り

2008 年 10 月 18 日 土曜日

今年も区民祭りで踊ってます
今回はタカハリ(ちょうちん)

しかし成増連は人数がどんどん減っていってる
来年まで絶対に何とかしようと皆で休憩中に他連のすごい輪踊りを見ながら話し合ってます

2008 年 10 月 17 日 金曜日

長野県千曲市の棚田貸します制度で育ててもらっていた稲
いつの間にか収穫されて送られてきた!

たいして、というかまったく稲作作業してないし何度か見に行っただけだけれど、すんごい感慨深い

稲作こそが日本の文化であり美剣体道の剣の振りもまた稲穂のごとく、なんて頭では分かってるつもりでいたけど、こうして多少なりとも関わってきて実った米
なんかなんとなくだけど、季節の移ろいの早さや日の恵みや自然の厳しさや暖かさや人と自然のあり方やなんかを漠然と感じられて、ほんとにこの制度やってよかったと思う

災害救助犬とドックセラピー

2008 年 10 月 17 日 金曜日

大地震が起きてビルが倒壊したとすると、板橋だけではない、東京中で瓦礫に人が埋もれる可能性がある
そんな一刻を争うときに、現実として一体いつどれくらいの早さ、いか程の量が板橋に救助にこれるのだろう
「自分の身は自分で守りましょう」なんて標語があるけど、限度がある

先日、災害救助犬を連れ散歩をしていた方と偶然出会った
機会を設けてお話をうかがうと、今すぐにでも災害現場に向かえる救助犬が区内には何頭もいるという
大災害時にカバーし合える小地域単位で、まだこういった情報共有が足りていない
体勢整備を急がないと

ちなみに写真は一緒に来ていたセラピードッグ
福祉や介護の現場で働いている
議員になる前に考えていたことなのだけれど、またここで偶然出会った

清水かつら

2008 年 10 月 12 日 日曜日

昨日は17回目の成増童謡まつり
昨年出席した時も日記にかいてたかな

今回は成増で活動していた(住まいは現在の白子)清水かつらの生誕110周年に重なり、童謡「雀の学校」のプレート除幕式も行われた

靴が鳴る みどりのそよ風 など清水かつらが作詞した童謡は上げればきりがないけれど、唄を聴いて 歌詞の中にある景色ってこの町の原風景なんだろうなぁと改めて思った
いろんな解釈あるだろうけど「ずいずいずっころばし」が瑞光橋のことだったりしたら 夢があるじゃないですか

エビと教育

2008 年 10 月 7 日 火曜日

水槽のエビがメダカを食べ、そのエビをハゼが食べ、食べかすをドジョウが食べている
板橋にある自然を確認、と思い水槽を置きだした訳だが なかなかにして生々しい
これ以上減ってしまっては申し訳ないので 両親の飼うメダカには強制退去で避難してもらった

今日の勉強会は小中学生の不登校児対策について
教育の根本は深い情熱とやる気にあると、永年現場と行政両方の先頭に立ってきた都の講師の想いに触れ すごく感化された
板橋での不登校児からの学校復帰率は平均よりずっと高い数値だとは言うが、まだまだ苦しむ子が多くいるのも事実
しっかりやっていきたい

水槽の魚にも 子供に伝える命の教育があるのだ
今度甥っ子と荒川に行ってみよう

板橋の環境

2008 年 10 月 3 日 金曜日

今朝は西高島平の駅前で街頭演説
久々だったのでうまくいかず少々反省

そこに立ち改めて思ったのが空気の悪さ
実は西高島平駅そばの三園交差点は区内でも有数の大気汚染の場所
以前は大和町交差点が国内ワースト1の大気汚染と悪名高かったが 現在では日によってここの方がひどい
近くには高島平や赤塚公園の緑があるのにも関わらず だ

労働環境 生活環境 自然環境と昨今環境という言葉ばかり氾濫して嫌なのだが、東京において自然環境と生活環境とはいまやほぼイコールではないか?
ならば取る対策も一括であるべき
交通も街づくりも緑も縦割り行政では出来ない 横の繋がりによる一本化
これは審議会や協議会を開く以外では 国政都政区政の一本化にこそ道が在り かな?

ちなみに写真は新河岸川出身のヌマチチブというハゼさんです