板橋区議会議員 坂本あずまお あずまお日記

2010 年 1 月 のアーカイブ

ソクラテスさん

2010 年 1 月 31 日 日曜日

私の机の上には いつもこの人がいます

なんとなく「書斎にある哲学者の像」というのに憧れて置いたんですが
実はこの顔を見ると無心になれず困っています

ならば置かなきゃいいじゃんと言われるのでしょうが やっぱり憧れが勝ってしまうのでして

どんなにデジタル化をしても最後は紙で読み書きしないとダメなの同様、悩みや迷いが傍らにないと 人生味気ないものになってしまうのでしょう

今夜の本

2010 年 1 月 28 日 木曜日

松永安光さんの まちづくりの新潮流

世界の都市形態や構造の具体例を写真と共に紹介してある中 学生の時に一年暮らした寮の写真が載っていて おやまぁ!と

後半の章で ではコンパクトシティを日本に落とし込むとどうなんじゃい?とあって改めて調べ出したら PDFで資料が見つかりすぎてがデスクトップがカオスになった

昨日は哲学的 今夜は実践的
たまたまうまく分かれたが 修論はそうそううまく進みません

ちなみに
iPadよりiSlateの方が名前よかったな
Gizmodoで実況見ちゃってこんな時間

今日の本

2010 年 1 月 27 日 水曜日

オギュスタン・ベルクの「都市のコスモロジー」

たとえ同じ平地といえども、一箇所として同じ場所はない
吹く風、土から湧く霧、方角、土壌成分という空間要因と
歴史的背景、暮らす人とその文化という時間要因
この空間と時間がたてよこ絡み合って生まれてくるのがその土地の風土・政策
ではそこに働く政治力学のパラダイムとは如何に?
と感じる

この本ほど哲学的なアプローチでなく、もっと都市政策ベースで修論は書くつもり

けど いきの構造のように肌感覚はすごく合って あっという間に読み終えた

春秋あずまお

2010 年 1 月 26 日 火曜日

たいへんお待たせ致しました
今までで一番悩んで書いた区議会レポートの春秋あずまお12号です

2010 年 1 月 26 日 火曜日

国家主権
国民主権

そして今こそ国土主権の感覚を持て

春の七草にニンジンは入りません

2010 年 1 月 13 日 水曜日

七草を食べると風邪をひかないという根拠は何なのだろう

根拠はないけれど自信を持って根拠を言える感性を持つと、風邪をひかないのか

春の七草を言えない、つまり食べる習慣がない家庭は増えている?減っている?

旬のモノを食べておいしくバランスよく健康に、という感覚は「魁皇関が右上手をがっちり取って引き付けてから土俵中央上手投げ!」という伝家の宝刀と全く同じだと思う
絶対に

ヤクハラエ

2010 年 1 月 7 日 木曜日

元旦 3日 5日と続いた正月の神楽&しし舞の厄払い
今年も御役目無事に果たし ようやく七草を迎えられる

毎年のことなれど 今年は特にヤクの重さというか責任ってのを感じていた
真剣に真面目に向かい合って もがくって程じゃないが色々考えると、
ほんの少しだけ んん なるほどと

2010年の意義と役割は前にも後にも激しく大きく 楽観的なファンタジーでは乗り越えられない

鍛練欠かせず 常在修練
実るほどに頭を垂れる稲穂のように

ただただひたすらに漸進 漸進 漸進

とっても今さらなことですが

2010 年 1 月 2 日 土曜日

今年の目標
本の読破50冊

数十年と適わなかった禁煙を父親が続けているので 私も自己研鑽をしないと