板橋区議会議員 坂本あずまお あずまお日記

2011 年 5 月 のアーカイブ

今年で5年目かな

2011 年 5 月 28 日 土曜日

緑のカーテン用ゴーヤの苗。
今年は発育が遅くてまだまだこのくらい。

野や畑で苗を育て、窓に掛け、涼み、食し、種を取り、秋にかたす。
温室で育てたり輸送したりの、そんな負荷はかけずに自然のあるがままに近い地産で続ける。

これがうちのやり方の基本です。

わんぱく相撲板橋区大会

2011 年 5 月 22 日 日曜日

今年も開催します。

5月29日日曜日
上板橋体育館にて
参加費無料
初めてのお子さんも大歓迎
当日受付あります

詳細は本日読売新聞に折り込みされたチラシ、もしくはメール・電話にて

お待ちしております!

東日本大震災復興支援フェア

2011 年 5 月 15 日 日曜日

板橋区の熊野町である地域まつりに、岩手県からの物産店が出ている

先日現地でお世話になった橋本ひでのりさんが米600キロや山菜などを山積みにして昨日来区されたので、お米の袋詰めや荷捌きのお手伝いをした

復興 支援 ボランティア
いまだに自分自身の中でも何が道筋なのか見えない
けれど、出来ることは少しずつでも何とかしたい

この二ヶ月で、「公共」に対する意識が際だって変化してきたと新聞にあった

岩手のひとめぼれ
米食って元気だすぞ

近所の方はぜひお越しを

区全体の電力消費削減と緑のカーテン

2011 年 5 月 8 日 日曜日

緑のカーテン
グリーンカーテン
いろいろ呼び方はあるけれど、とにかく今年も種蒔きの季節

発芽のタイミングが分かりやすいように毎年必ず5月1日に蒔いていたのだけれど、今年は視察に出ていたので帰宅後大安の5月4日に行った

これまでは、
環境政策で緑のカーテン
省エネ効果で緑のカーテン
都市農業振興で緑のカーテン
それぞれが機能をはたして展開してきたけれど、今年からは次のステップへ向けたい

それは取り組む絶対数の拡大

一商店街には多くて50~100設置
成増地域センター管轄には目視で400~500
区全体ではせいぜい5000~多くて7000
板橋区の世帯数は26.6万だから、取り組み世帯は大雑把にみて1.8%

ここからさらにざっくり計算をしてみる(細かいことは突っ込まないデネ)
電力消費の25%が民生部門
うちエアコンが25%
カーテンによるエアコン削減効果が25%
夏の間だけだから年の25%
設置が区内の2%
苗の移送や製造時の負荷とカーテンの相乗効果など諸々は全部まとめてイッテコイにしとく

で、結果
現在の緑のカーテンによる電力消費削減効果は、年間の0.0078%

これを大きいと見るか少ないと見るか
とにかくこれを3倍にしよう
区内15000ヶ所設置にすれば年間消費電力の0.02%の削減になる

数字がチッポケだからと言って、止めません

従来の、環境は環境保全課
都市農業は赤塚庁舎
小中学校へは教育委員会
地域への展開は地域センター
という所管毎に分けたやり方
これはこれでもっとやればいい
次はマンションに設置しやすい方策を住宅政策課が練ればいい

けれど庁内も町内ももう全部超えて都市設計全体を組み直す視野を広大に持ちながら、小さいことをコツコツとやる

これしかない

空の大きな入道雲も、小さな水の分子一つ一つの集まりなんです

みんなで種を植えて、育てていこう

姿勢について

2011 年 5 月 1 日 日曜日

区議である前に同じ町に暮らす32歳の一人の男。
“同じ感覚”を欠いてはいけない。けどそれを客観視する視野も欠いてはいけない。
「議員」だけど「先生」じゃない。

議員という普遍性と私という個性の間で、職務の意味を4年間考えてきた
では責務は?使命は?将来は?

4年間そして選挙の1週間、”場の空気”で伝えてきた私の使命とその道を今からはいろんな手段で伝えていくのが、まずは第一歩。

「過去の根っこをきちんと整理清算し、今を見て未来に生きる」
うーん、文字にすると野暮だなぁ

二期目のご挨拶

2011 年 5 月 1 日 日曜日

このたび、3739票のご支援を賜り、区議会議員として二期目の職務を勤めることになりました。

応援して頂いている多くの皆様に深く感謝し、ご期待に添えますよう尽くしてまいります。

本日から正式に二期目になります。
「新人」の肩書きが取れ、多岐に渡って大きく状況が変わっています。
上辺だけの弁論テクニックや”お訴え”で知識を振りかざしては国家の新生はできません。
心根にまで響く波動は生き物であって、自身の立ち振る舞い一つで千変万化すること。
この感覚を分かってくれる仲間を増やしたい。増やさねばと強く感じています。

区役所の私の机にはいつもカエル君がいます。

またここに帰ってきました。