板橋区議会議員 坂本あずまお あずまお日記

2011 年 7 月 のアーカイブ

尊敬する人はいますか?

2011 年 7 月 30 日 土曜日

今夜、黒川ゼミOB会に初めて出席させていただいた

public choices
公共選択というものを日本にひろめた黒川和美先生のゼミの会で、数十年来先生とお付き合いのある大先輩の方々ばかり

皆、先生の人柄と学問に惹かれて集った教え子なので、初めてお会いしたりお話しさせていただいたのに、とても話が弾む和やかな会

どうしても移動しなければいけなくて中座したけれど、名残惜しい

こころから尊敬し大好きな師と出会えたことに今更ながら感謝してる、だからこそ最後に言われた言葉「勉強は続けるんだよ」にもっと従順に生きたい

緑のカーテン

2011 年 7 月 16 日 土曜日

現状の写真です。

今年はもう随分とまわりに広まっているので、意識して緑のカーテン緑のカーテンと書かなくてもいいかなと思っていたけれど、たまには。

去年と違って実の付き方もいいし、成長も順調。

高温注意報まで出ている日々なので、カーテンの日陰で体調回復して下さいね。

九州新幹線

2011 年 7 月 13 日 水曜日

議会(特定でなく総体として)のICT嫌いをずっと感じている。

権威、権能、議論。
それは人間の根源的な「言葉」のみによる議決がその崇高さを保つ。
なんてとこなんだろう。

ICT という言葉
これは、
I=インフォメーション、情報
T=テクノロジー、技術
そしてそれを結ぶ
C=コミュニケーション、繋がり
を意味してる。

なんとなく皆、これからはIT化!なんてキャッチフレーズを聞いてその重要性はわかってるけと、けど、けど、なんだよね。

九州新幹線のさくらが鹿児島中央駅から博多駅まで結ばれて、そのCMがとてもステキに「繋がった喜びと希望」を示してる。
だから見る度になんとなく涙が出てくる。

技術で人が繋がる、それは移動も交通も情報も、心も繋げる。
かっこよく言えば、そういうことを思って、社会に議会にもっと繋がりが出来て、そしてホントに夢も理想も現実に結び付く日が来るんだよと。

んなカッコツケの理想論ぶってる?
重々承知。
覚悟の上ですよ。