板橋区議会議員 坂本あずまお あずまお日記

2012 年 1 月 のアーカイブ

飛翔する日本

2012 年 1 月 16 日 月曜日

ここ5年ほど続けて出席している成人式、新成人は非常に大人しく穏やかで既に立派な常識人。
臨席する小中学校の校長先生方は「どうです、立派でしょう」と誇らしげ。
けど、じゃあ情熱や激しさや夢や希望は誰のもの?

周囲の20代と話しても、だいたい考えてることや話す意見は想定の範囲内。
もうすでに人が辿り着いてるような道。
厨二病?リア充?それがどおした。
小さくまとまることに期待なんかしていない。
20代には新しいライフスタイルの創造を求めているんだよ、君は誰か?を求めているんだよ。
「今」をつくる爆発的なエナジーで私達30代が成せなかった新しい日本の時代を作ってほしいんだよ。

これくらい暑苦しくむさ苦しいヤカラを演じ切らないといけないと自戒をしています。
40、50、60代の情熱にまだまだ敵わないと、思い知らされています。

とにかく、とにかく、動け!
やり過ぎくらいでちょうどいい、間違えちゃったら俺たちがケツ拭いてやるからよ。
こう言ってくれる先輩がまわりにいるから私も今こうしている。だからこの魂、私も引き継いでいかないと。

2012 年 1 月 9 日 月曜日

読みかけの本がまだ二冊あるのに、どうしても気になると手元に置いておきたくなってしまいます。
これを積ん読と言うらしいですが。

真ん中の、
財政調整制度下の地方財政
この本は重要です。

新年のご挨拶

2012 年 1 月 1 日 日曜日

明けましておめでとうございます

年は平成24年にかわりましたが、この年越しほど"引き続く"という感触を強く受けたことはありません。

震災復興、経済混乱、政治低迷、様々な問題を抱える世界
「年明け」に任せていればなんの努力なしに解決できる、なんてことは何一つないんだということを重く厳しく肌に感じた元日の空気です

朝焼けにおはようと言う
夜にこんばんはと言う
大地に根を張り、自分が今暮らす土地生まれ育った土地を大切にする
こんな日本人の志の甦りをとても大切に思います

まずは後援会の皆さんお一人お一人と直接触れ合い、声を大切にしたい
そして確かな将来ビジョンを掲げ具体化していく
より政治信念を深め身を鍛え、区のため国のため世界のため、地元のため家族のため己れのため、無心になって政治に尽くす

この初志を一貫し、まちへの愛を形にしながら新たな平成24年を更なる25年に繋げていく所存です

坂本東生