板橋区議会議員 坂本あずまお あずまお日記

2013 年 3 月 のアーカイブ

くまモン

2013 年 3 月 26 日 火曜日

IMG_2149今日は、熊本県庁にくまモンについて聞きにきています。
別にお遊びではなくて、お固い行政が主導でゆるーいキャラをうまく活用するのは極めて難しいし、99%失敗しているんではないだろうか。
別に板橋区のりんりんちゃんの文句は言わないけれど、ほんとにりんりんちゃんで良かったの?イタバシマンではどうしていけなかったの?と未だに悶々としている日々。
そこで熊本県庁に、たった3年で広告換算293億にまでいける核はなんなのかと調査をしにきました。
結果、まずはトップ(知事)のチャレンジ精神。
そして、コーディネータの質。熊本は小山薫堂さんがスタート時から協力している。
次に、明確な目標。熊本県民の幸せをアピールするという大前提があって、その幸せ度を観光PRとして関西にピンポイントで絞って展開した。
そして、この展開に遊び心を満載させて、知事が大乗りした。
ずっとこれまで一般質問でも予算総括でも言い続けてきた、広聴広報課と広報体制が変わらなければならないポイントがまさに列挙されてしまっていて、くやしくてくやしくて。
ここまで聞いて、ガンダムのこのセリフを思い出しました。
『偉い人にはそれがわからんのです』
https://www.facebook.com/kumamonofficial

予算審査特別委員会

2013 年 3 月 13 日 水曜日

明日から平成25年度の板橋区の予算を審査する、総括質問というのが行われます。

その一人目は私。毎年、予算総括質問では一番目を必ず務めさせて頂いており、ありがたい。

板橋区議会というのは意外(?)とオープンな議会で、今回はおそらく東京23区で初めて予算委員会がユーストリームで生配信されます。

昨年のPC&プロジェクタ使用から始まり、毎回毎回新しいことを始めるときは私から、というこの状態は、オイシくもあり責任重大でもあり。

明日は板橋区議会の通告(http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_oshirase/051/051525.html)にも出ていますが、長期財政計画における受益と負担の世代間格差について問います。

現在の団塊の世代は生涯を通して社会保障費は払うよりもらう方が多いのですが、年が若くなるにつれてそれが逆転し、ちょうど今生まれる世代というのは生涯で社会保障費だけで一人約4000万円弱を支払わないといけない計算になります。

国任せにしないで、地方自治体から今すぐに取りかかることがあるはず、という内容の予定です。

また、住宅政策、人口政策、ネット選挙解禁、広報戦略についてなども続きます。

普段、ほとんどクローズの状態で行われている姿を広報するのはちょっと照れくさくもあるのですが、まあ質問の最後も攻めの広報戦略が区に必要!というのもあるので。

どんなかたちになるのか、明日始めてみないと分かりませんが、以下のリンク先、どうぞよろしく。

http://www.ustream.tv/channel/予算審査特別委員会-板橋区議会1

総合防災訓練

2013 年 3 月 10 日 日曜日

今日は区内の17箇所で総合防災訓練が行われている。
そこで、まもなく配備されるスタンドパイプという道具の使い方の実演があった。
これは消火栓から直接つないで放水できるもので、かなり便利。
消防団でも欲しいところだけれど、区が独自に予算組みをしたものなので今回は区民消化隊への配備。

実際に使ってみると、そもそもマンホールを開けるカギがどこにあるのか?どこに消火栓自体があるのかわかるのか?など、問題点が出てきた。

日頃の訓練はめんどくさいし大変、と思われるけれど、マンネリ化するほど訓練をして自然に身についたことほど強いものはない。

日頃からの取り組みがとにかく大切と、言い尽くされたことの重要性を毎回感じるし、それこそが災害対応力なのだと思う。