板橋区議会議員 坂本あずまお あずまお日記

2014 年 6 月 のアーカイブ

板橋区議会 議会報告会 議会基本条例 一連の議会改革について

2014 年 6 月 24 日 火曜日

5月19日、グリーンホールにて東京23区初となる議会報告会が行われました。

先月のことでだいぶ時間が経ってしまいましたが、6月16日発行の日経グローカル246号の表紙を飾ったこともあり、改めてご報告します。

 

IMG_1645

これは、平成23年の勉強会、24年からの特別委員会、そして25年からの議会基本条例作業部会および議会報告会検討部会と、数年にわたり続けてきた議会改革の一環で行われたものです。検討部会員が議会事務局に頼らずに会場設営から運営までを行い、進行ルールを決めて実施されました。

当日は表紙の写真のように会場に入りきれない程の方が訪れ、関心の高さを感じました。私は企画総務委員会の委員長として、企画総務委員会とは?や、2月の定例会で行われた議案・陳情の審査のうち重要なものをピックアップし、5分で説明しました。

日経グローカルに書かれているとおり、当日はどうしても担当者によって説明が長くなってしまう場面が多く、時間の制約から質疑がもの足りず、もっと上手く出来るのでは?といった印象を与えたかも知れません。

議会報告会の難しい点として、それぞれ政党や会派に所属する議員が『議会』としての公平中立性を担保した発言と説明を行わなければならない、ということがあります。また、議会側が伝えたいことと区民の側が聞きたいことにギャップがあること、一般的な用語を使用するよう努めたのにも関わらず専門用語や特殊な言い回しになってしまいがちなことからも、当日は双方が不完全燃焼だったと思います。

公平中立性の担保として自分の担当所管以外の質問に返答しない、としましたので、説明したくても答える立場にない内容で「後日ホームページで」となってしまった質問があったことは大変に残念でした。自分が主催した区政報告会ではこんなことにならないので、難しいところです。

また、5つの常任委員会と予算委員会には担当を決めていましたが、『議会』そのものに対する質問への答弁者を決めていなかったのも課題としてあがりました。

加えて、報告会後せめて1週間以内には返答を掲載すればいいのに未だ出来ていないのは、部会を開かないと決められないことや文言調整に合意がいるなど、行政が抱える問題点=スピード感がない、とまるっきり同じになってしまっています。

今後も定期的に開催するのがいいとは思いますが、今は委員長をしていないので余計に『答えたいのに答えられない』とフツフツしてしまうかもしれません。

 

せっかくなので、議会基本条例についても書きます。

私自身はたまたま企画総務委員長だったので報告の場に立ちましたが、普段は議会基本条例の作業部会に所属していて、本年度中の制定に向けて取り組んでいるところです。

正直に申し上げて、実はもともと私は板橋区議会基本条例の策定には後ろ向きでした。それは、

先進的に取り組まれてきた他自治体議会の基本条例をみると行動規範をうたう理念先行の条例が多く、それならば条例でなく憲章の方が相応しいこと。

前文には独自性やそれぞれの議会に必要な文言があっても条項はコピペに近い状態であること。

板橋区議会においては現状でも改善に向けた不断の努力が行われており、制定ありきの議会基本条例にしたくなかったこと。

などが理由でした。

あずまお後援会の納涼会でも「私は制定ありきの基本条例には反対だ!」と明言したのですが、にも関わらず当時の自民党会派幹事長から「だからこそお前が団を代表して、納得いく条例を作ってこい」とご指名頂き、今に至っています。

内容の詳細については、9月予定の議員への全員協議会もしくは本年中に目指している議案上程の際に行いたいと思います。ただ、政治信条、法規、言葉ひとつひとつの重み、意外と自民・共産の意見が合うことが多いなど、あらためて気づくことも多く、重要で価値ある条例にすべくやるからには徹底的にやるつもりです。

 

『区議会議員って、いつもなにやっているの?』という、大半の区民が感じている疑問が、私たちでなく誰もが答えられる状態にしたいと思います。

 

 

区民意識意向調査

2014 年 6 月 8 日 日曜日

区民意識意向調査という報告書が少し前にあがってきました。これは区内3,000人にアンケートを依頼し、区の住み心地・定住意向・愛着度・満足度など、多岐に亘る項目を大変に細かく調査したものです。

区に対して重点的に力を入れて欲しい分野は、高齢者介護・防災・子育て。

板橋区を誇りと感じる理由については、医療や福祉が充実している・自然環境に恵まれている・治安が良く安心して暮らせる、となっています。

そして約85%もの区民の方々が、板橋区が住みやすい、また今後も住み続けたいと考えています。

実際には、もうちょっと詳しく調査がされており、これを元にして詳細な研究がされています(いくはず?)。

 

 

私の大切な友人が亡くなって、1年が過ぎました。

彼は、思う存分働きながら、そして家族を残してあの世にいきました。

最後に取り組んでいたのがこの調査で、これは彼の遺作みたいなものです。その後、これまた仲間が引き継いで完成させてくれました。

 

一昨日もまた、古くから面倒を見ていただいていた近所の方が突然に逝かれました。

 

朝息子と起きて、一緒に植木に水をやり、朝食を食べる。仕事で遅く帰った日は、もう寝ている我が子を起こさぬように、そぉっと帰宅する。このような日々の生活が続くよう、私自身、家族のためにがんばらなければなりませんし、多くの皆様のご期待に応えなければなりません。

 一期一会とはよくぞ言ったものです、。一瞬一瞬の出会いを大切にし、ひとつひとつの意識意向を大切にしないと、と痛感しています。

今後も、精進して参ります。

平成25年度区民意識意向調査

 

区内消火器の分布図 町会・防火貯水槽・人口密度と重ねて

2014 年 6 月 3 日 火曜日

板橋区、オープンデータの使い方として、10分コースで以下示してみます。

 

地図の縮尺が上手く表示されない場合は、画像をクリックしてみて下さい。

 

区内消火器の分布図:町丁目別人口密度を重ねる。

比較的人口密度とは重なるが、高島平2丁目のUR賃貸住宅と西台4丁目大規模マンションには数が少ない。

マンションの自主設置による消火器で対応??
消火器‐人口密度

 

 

 

 

 

 

 

続いて、町会別の消火器分布図。

四葉と高島平に、消火器設置のない町会がある。

これ、データの間違い?と思ったが、元データを確認したら間違いではない様子。

消火器‐町会

 

 

最後に、防火貯水槽の分布図とも合わせてみる。

防火貯水槽は消火器よりもまんべんなく分布しているのが分かる。

こう見ると、弥生町と仲町に随分と消火器が集中している。

木造密集地域の大谷口よりも?若木よりも?

とにかく、足りているところよりも、足りていないところへ効率よく配置できているかを見いだす必要あり。
消火器‐防火貯水槽

 

 

今後の調査方針としては、1)木造密集地域の分布図と重ねること、2)細街路と重なること、などが必要か。

 

なお、今回示した地図の元データは板橋区所有であり今後『どこなびいたばし』にて公開されていくとのこと。
いわゆる完全なオープンデータの状態ではなく、かつ帰属は板橋区にあるため、今回の地図はCC BYにしませんので、必要な方はご一報ください。