板橋区議会議員 坂本あずまお あずまお日記

2017 年 11 月 のアーカイブ

7月20日 板橋区農業委員としての一年間

2017 年 11 月 15 日 水曜日

この7月で板橋区農業委員としての1年半の職務が終わった。

もともと生まれが農家の出だし(といってももはや畑はないが)、JA東京あおばの青壮年部にも所属しているので、都市農業の当事者としてより深く関わりを持ち、理解も深めることができた。

都市農業における問題点。

畑への宅地並み課税、相続発生時の税金対策、生産緑地指定更新の迫る期限、多品種小ノットゆえの安定供給確保の難しさ、後継者不足など沢山ある。その多くが国の税制に依るものが多いが、区と農業の当事者としては地道にこつこつとやってきた。

平成21年22年あたりから、区内で生産された野菜を学校給食に卸し地産地消の野菜を子供達に食べてもらう仕組みを作ることができた。少量ではあるが、ことわざ『三里四方の野菜を食べろ』が実現できていると思う。

そのあと、区と農協と農業委員会と地域農家が協力して、地野菜ブランド「志村みの早生大根」の作付けを始めた。これはまだ安定共有に向けた作業の途中。

これからは、『生産緑地の2020年問題』と呼ばれる、大きな壁にぶつかることが想定される。

行政として生産緑地の最低面積を500平米から300平米にかえるなどの対応を取ったが、とても解決には及ばない。あと3年、ちょうど東京オリパラの年、東京の農地を発端とする諸問題(地価暴落、不動産物件の供給過多、農地消滅による自然の減少)などを発生させないために危機感をもった対応が急務である。

IMG_5747

こんな現状の中で、農業委員を務めた。

実は同時に退任をされた農業委員長の方は、私の祖父・由五郎が30年務めた農業委員を退任すると同時に入れ替わって着任されたそう。

30年50年単位で、農は動いているのだと、ご先祖様や祖父から遠く指導を受けていたかのような気がしている。

 

 

写真は、育てているレモンに咲いた花

7月10日〜14日 各種団体による区議会自民党への予算要望など

2017 年 11 月 15 日 水曜日

7月の10日11日は、区内各種団体による自民党区議団への予算要望聴取会を開催した。

これは毎年、区内にある数十の団体が板橋区に対しての要望や陳情を自民党へ届けていただけるもの。

定期的にこのような会を開催することで、区内の企業や団体(福祉障害者団体や農業、産業界など多分野に亘る)の現状を把握し、屈託のない意見を交換することで共通認識を持つことができる、非常に重要な集まり。

今年は都議会議員選挙があったため、この時期になった。

様々な意見・多様な陳情を受けるのだが、ただ「聞いた陳情を役所へ渡す」ということは、現在の私達は全く行っていない。

受けた話を自民党議員団で調査し、議論し、何が問題か・どこまでできるのか、を明記して団として区長に要望をする。

なので、どうしても要望聴取会を開催してから区長に提出するまでの期間がかかってしまう。

区役所内での予算編成の時期を考えるとどうしてももう1ヶ月ほど前倒しして開催したいので、次年度以降はもう少し前倒しして実施したい。

IMG_7135

また、自民党区議団独自の予算要望案として、

1、自動車のご当地ナンバーの導入

2、板橋区の財政白書の作成

IMG_7218

3、区立の大規模小学校への副校長2人体制の導入

4、防犯カメラの維持管理費女性

を含む15項目も整理して提出を準備した。これはまた提出した際に詳細を記す。

IMG_7182 IMG_7188

 

 

夏の阿波踊りに向けた練習が始まったり、自民党都連に対して緊急要望書を提出したり、中国北京市石景山区から訪問団がみえたり、憲法についての勉強があったりと、選挙で動けなかった案件が一斉にスタートした日々。

 

 

7月4日5日 熊本県八代市・熊本市視察

2017 年 11 月 15 日 水曜日

7月4日〜5日

区民環境委員会の常任委員会視察で、九州熊本県の八代市と熊本市へ。

台風が直撃ということもあり、飛行機・新幹線ともにダイヤが大混乱でなんとか九州へ上陸。しかし災害対応の避難所開設などの作業もあり、担当者が全員不在。

IMG_7042

受入先の八代市さんへはご迷惑をかけないよう市庁舎にて予定とは別の内容で質疑をした。

八代市といえば、数年前に大ブームを起こした自治体による地域SNSのはしり。当時一人で担当者の元へ視察に来たこともあり、思い入れもあった。

現在の状況を伺うと、その担当者は役所を辞めて独立されたそう。さもありなん。地域SNS自体もいまや独自のプラットフォームよりも、メジャーどころ(facebook、twitterなど)をいかに活用するかがメインとなっており、SNSと自治体間の圧倒的なスピード感(というよりテンポ)の違いが取り扱いの難しさにつながっていると思う。

加えて、八代市の花火大会は地域に大きな経済的効果ばかりでなく文化面で支える効果がある。とのこと、翻って私が常に申している「いたばし花火大会」の抜本的見直しを改めて追求しなければと感じる。地方の自治体と都心とで行う花火大会は規模や来場者傾向だけでなく、運営と目的、その他がまったく違うのだと。

 

熊本城

熊本市では、地震によって被害を受けた熊本城を市役所から見学し、被害の大きさと歴史の深さを実感した。

数百年前に構築した石垣、土塀、櫓。それらと共に現在の南九州の経済と文化の一翼を担う熊本市。表現される姿は、くまモン。

くまもん